宮永塗装建設

材料について 添加とは
塗料は顔料や樹脂の選択で性能が決まりますが添加剤を加えることによってより良い性能を発揮させることができるようになります。添加剤は特別なものを除いてその都度加えるわけではなく製造時にまとめて加えます。
添加剤の種類と効果
1)製造時に必要な添加剤
・分散剤、湿潤剤、増粘剤、カップリング剤・・・顔料を樹脂ワニスに容易に分散させ、経時によっても凝集や変化を防止する。

2)貯蔵するときに必要な添加剤
・沈降防止剤・・・顔料の沈澱を防止する添加剤
・皮張り防止剤・・・酸素による皮張りを防止する添加剤
・重合防止剤・・・反応が進行して増粘(ゲル化)するのを防止する添加剤

3)塗装のときに必要な添加剤
・消泡剤・・・泡跡が残らないよう泡を消えやすくする添加剤
・静電塗装製改良剤・・・静電塗装に必要な適度な電気抵抗値に調整する添加剤
・タレ防止剤・・・塗装のタレを防止する添加剤
・色分防止剤・・・塗装の色ムラを防止する添加剤
・平滑剤(レベリング剤)・・・鏡面にするための添加剤
・効果促進剤・・・硬化剤、促進剤など二液硬化型塗料の添加剤
・ハジキ防止剤・・・塗料のハジキを防止する添加剤

4)塗装後に必要な添加剤
・粘着防止剤・・・汚れの付着や梱包剤の付着を防止する添加剤
・スリ傷防止剤・・・塗装にスベリを持たせたスリ傷を防止する添加剤
・艶消し剤・・・塗装のツヤを調整する添加剤
・紫外線吸収剤・・・紫外線に対して抵抗力を持たせる添加剤
・その他・・・防錆剤、難燃剤、可塑剤、帯電防止剤、防腐剤、防カビ材などがあります。



Copyright c 2002 (有)宮永塗装建設. All rights reserved.